同じ会社で長く快適に働くために!タクシー求人の中で重要なポイントは?

事故弁済に関する項目をチェックしよう

タクシーのドライバーは他の職種よりも事故に遭遇するリスクが高いと考えられます。自分が安全運転を心がけていても他の運転手の不注意によって、事故に遭遇してしまうこともあるでしょう。事故が起きたときには事故弁済金というものが請求されるケースがあります。この事故弁済金に関する内容がタクシー会社によって異なります。例えば求人広告の内容に「事故弁済金の個人負担はなし」と書かれていた場合は、事故に遭遇したときの金銭的な問題を会社が負担してくれるという意味になります。「事故弁済金の一部を負担」と書かれていたときには、一定金額の負担は担ってくれますが、それ以上の金銭的な負担は個人のものとなるでしょう。長くタクシー会社で働きたい場合は事故弁済金の全額を負担してくれる会社を選ぶ方が良いでしょう。

給与形態でタクシー会社を選ぶ

タクシー会社によって給与形態は変わってきます。例えば給与形態が歩合制である場合は自分の頑張り次第で給料が変動します。働いた分が自分の給料になるので、人を乗せる回数が多いときや長距離移動の必要な人を乗車させたときには給料が上がるでしょう。しかし、閑散期には給料が少なくなります。安定した収入を求めている人は歩合制のタクシー会社ではなく、基本給が決まっているタクシー会社に勤める方が良いと考えられます。給与形態以外にも賞与に関する項目もチェックしておくのが良いと言えます。完全歩合制のタクシー会社の場合は賞与がないケースが多いですが、基本給が決まっているタクシー会社では賞与が支給されるケースが多いです。そのため賞与による収入アップを求めている場合は基本給が決まっているタクシー会社を選ぶのが良いでしょう。