求人やホームページをチェック!良いタクシー会社と悪いタクシー会社の特徴とは

歩合率に違いが生じる

タクシー会社に勤めようと考えている人は、なるべく良いタクシー会社を選びたいのが本音でしょう。その良いタクシー会社を選ぶときに重要なポイントとなるのが、給料の問題です。タクシー会社のほとんどは歩合制を採用しています。そのため自分の成果によって給料が変動します。しかし、どのタクシー会社に勤めても自分が同じだけ頑張っていれば同じ給料が支払われるというわけではありません。タクシー会社によって歩合率の設定が異なるのです。この歩合率の設定が高ければ高いほど、給料も高くなりやすいと言えます。そのため歩合率が高い方が良いタクシー会社だと考えられます。歩合率の設定が低いだけでなく、ノルマが高めに設定されていることも悪いタクシー会社の特徴です。

事故に関する補填や違反金でタクシー会社を比較する

良いタクシー会社の特徴として挙げられるのが、事故に遭遇したときの対応の良さです。良いタクシー会社は事故に遭遇した際に補填や違反金に関する対応を行ってくれます。良いタクシー会社であれば、事故に遭遇した際の賠償金の全額を会社が負担してくれるケースが多いです。全額負担は難しくても、何割かは負担してくれるという会社も悪い会社とは言えません。悪い会社は事故に遭遇した際の賠償金の全てを社員に押し付ける傾向が強いです。賠償金の請求を全て社員に押し付けるだけでなく、タクシーの修理代を社員の給料から天引きしてしまう会社もあります。これらのタクシー会社は良いタクシー会社とは言えないので、勤めている場合は別の会社を探した方が良いと考えられます。